HOME>Column>猫がかかりやすい病気をカナガンのキャットフードで予防

猫がかかりやすい病気をカナガンのキャットフードで予防

猫とレディ

猫は特に腎臓系の病気にかかりやすい

大切な愛猫にはできるだけ健康で長生きしてもらいたいものです。猫は自分で病状を訴えることができませんので、飼い主さんが気を配り、少しでも様子がおかしいと感じたら、獣医師の診察を受けるなど対策してあげましょう。猫がかかる病気はさまざまにありますが、特に腎不全にかかりやすいと言われています。その理由ははっきり解明されていませんが、水をあまり飲まない性質であることや、腎臓中のネフロンが少ないことが関係していると考えられています。あまり水分を摂らないために尿の濃度が上がり、腎臓に負担がかかることで、腎臓の病気になるのだろうとされています。腎不全にかかると完治は困難ですので、予防することが大切です。充分な水分を与えるとともに、食べるものに注意しましょう。カナガンのように、腎臓のケアに良いとされるオメガ3脂肪酸が配合され、身体に害のある添加物が含まれていないキャットフードが理想です。

餌

食事に気をつけたら長生きする例が報告されている

大切な飼い猫がどれだけ長生きできるかは、飼い主さんの飼い方が大きく関係しています。外飼いか室内飼いか、健康診断を受けているかどうかといったことでも変わってきますが、もっとも影響が大きいのはどんなキャットフードを与えているかということです。安価だからと穀類が主原料のフードを与え続けていると、穀類アレルギーを発症して体中かきむしるようになることがあります。またマグネシウムなどミネラルが過剰に入っているフードは尿路結石を招くこともあります。またペットフードによく使われている添加物の中には、発がん性が指摘されているものもあります。肉食動物である猫に合う、肉や魚が主原料で添加物無配合のカナガンなどのキャットフードにしてみましょう。おやつは与えすぎないなど食事に気をつけるだけで、アレルギー症状が改善したり尿路結石が再発しなくなったりしたということもよくあります。愛猫に健康で長生きしてもらいたいなら、高品質なフードを選んで与えましょう。