logo

水素水の比較ポイント!

水素

水素は美容や健康維持に役立つ分子です。水素を摂取することで体内の新陳代謝の機能が活性化するため、脂肪が燃えやすい体となります。ダイエット効果だけではなく、肌荒れや生活習慣病の予防にも最適です。

水素濃度で選ぶ

水素の濃度が高ければ効果があるわけではありません。効果があるのは濃度の含有量が1.0ppmからとなっており、濃度の含有量が1.0ppm以上でも効果は変わらないと言われています。水素の濃度が1.0ppmに達しているかをチェックしましょう。

酸化還元電位で選ぶ

還元力が高ければ高いほど、活性酸素の働きを抑えることができます。酸化還元電位で還元力を図ることができ、電位のマイナスが高ければそれだけ還元力が大きいことになります。マイナス数値が大きい酸化還元電位を選ぶようにしましょう。

味で選ぶ

水素水は継続的に飲み続けることで効果を実感することができます。ですが、効果が高い水素水でも味が口に合わなければ、継続的に飲み続けることは難しいです。そのため、自分の口に合う水素水を選ぶことが継続するポイントになります。

水素水を入れる容器で選ぶ

水素は逃げやすい分子なので、容器開封後、酵素に触れて逃げてしまいます。容器が大き過ぎると飲み干すまでに時間がかかりますし、その分水素の効果も薄れてしまいます。自分がどれくらいの量を、どれくらいの時間で飲むことができるかが大切なポイントです。

価格で選ぶ

水素水は通常の水と比べると単価は高めとなっています。長期に渡っての購入はコストが大きくなりますし、経済的にも負担がかかるので、手軽な値段で効果の高い水素水を購入することが水素水選びでは重要です。

健康効果の高い水素水の特徴

水素濃度

水に含まれている水素を示す成分表には「ppm(ピーピーエム)」という単位が使われています。ppmの数値が高ければ高い程、水素の含有量が多いということでしょう。本来水素は水に溶けやすい分子です。水素水の中には「濃度の高い水素水」として販売されている商品もありますが、実際の水素水の含有量は多くても1.57ppm程度です。
水素は空気に触れると逃げてしまうので、維持できるとしても1.57ppmが限界とされています。水素の濃度で水素水を選ぶ場合は、1.57ppmを基準にすると良いでしょう。 水素水の商品の中には、2.0ppm以上の水素の含有量を謳っているものがあります。未開封の状態であれば2.0pmの数値が保てるとしても、開封した時点で水素濃度は1.57ppmまで低下すると言われています。

酸化還元電位

水素の濃度と酸化還元電位はイコールの関係ではなく、あくまでも水素が含まれているのかを確認するものとなっています。一般的には、酸化還元電位が+250mV以上となると還元状態ではないので、還元状態の水素水を購入するには+250mV以下を選ぶことが大切です。
+250mv以上の水は酸化した状態です。私達が普段から口にしているほとんどの水は+250mv以上となっているので、ほとんどが酸化している状態の水だと言えるでしょう。酸化還元電位が+250mv以下であれば還元されている水なので、血液や臓器の負担を軽減できます。酸化還元電位で水素水を選ぶ場合は、+250mv以下の水素水を選びましょう。

水素水のバリエーション

高濃度水素水

水に含まれている水素の量を測ることができます。ただ、水素の濃度と酸化還元電位はイコールの関係ではなく、あくまでも水素が含まれているのかを確認するものとなっています。一般的には、酸化還元電位が+250mV以上となると還元状態ではないので、還元状態の水素水を購入するには+250mV以下を選ぶことが大切です。

還元水素水

日常的に感じているストレスにより活性酸素も増えてしまいますが、胃腸を壊してしまうこともあります。それだけストレスは人間の体に影響を与えるものになりますが、還元水素水は胃腸の症状の改善にも高い効果があると言われています。ただし、還元水素水を飲む場合は、注意をすることがあります。特に赤ちゃんやペットには還元水素水は適していないですし、肝臓や腎臓の持病を抱えている人にもおすすめとは言えません。持病がある人は、飲む前に担当医師と相談しましょう。

活性水素水

販売されている水素水の中に「活性水素水」があります。活性酸素を酸化させる高い作用があるものが活性水素水です。ですが、活性水素水の効果は科学的に証明されているわけではありません。活性水素が発生したとしても、活性水素は持続性がないのですぐに半減してしまうと言われています。また、活性水素は人間の体内のみでしか作られることがないため、外部から活性水素を摂取することは不可能との説も存在しています。そのため、活性水素はまだまだ発展途上と段階なのです。

ナノ水素水

水素は水から逃げてしまいやすい性質があります。そのため、水素を特殊な技術でナノレベルした水素水です。ナノ水素水は水素をより水の中に長く留まらせることができます。水素水を維持するために、圧力で密封をする必要がありましたが、ナノ水素水はこれまでの水素水とは違い、圧力をかけて密封をしなくても水素の濃度が高いまま維持することができます。日常的に運動をする人は活性酸素が増加する傾向にあるので、ナノ水素水が効果的です。

過酸化水素水

強力な殺菌作用があるので飲用できない水素水です。過酸化水素は消毒や殺菌用と言った医療目的などで利用されているため、誤って飲んでしまうと危険です。過酸化水素は皮膚に触れただけでも炎症を引き起こしてしまうことがありますし、体内に入ってしまうと大変な事態になります。過酸化水素は衣料用の漂白剤としても利用されています。そのため、取り扱いにも十分に気をつけなければいけないものなので、一般の人は使用することができないものとなっています。